におい分析

人の嗅覚は敏感に食品の劣化や他からのにおい移りを異臭・悪臭として察知します。においのする成分は種類が多いうえに濃度により感じ方が異なる場合も多く、さらに複数の成分からなる複合臭においては、その比率が違えば全く別のにおいとして感じられ、客観的な評価が困難といわれています。ガスクロマトグラフおよびにおい識別装置は、それぞれ異なる原理によるにおいの客観的な評価法として異臭・悪臭の測定に用いられています。

1. GC/MS異臭分析システム

GC/MS異臭分析システム

GC/MS異臭分析システム

GC/MS異臭分析システムは、クロマト分離後の試料のにおいを分析者自身が鼻で嗅ぎ、においを検出し、同定するためのシステムです。食品の異臭分析や、香気化合物の探索、悪臭の原因物質分析などに有効です…

2. におい識別装置

におい識別装置

におい識別装置

におい識別装置FF-2020は、人間の官能評価と同じように、においの「質」と「強さ」を表現できる装置です。においの強さや質を数値化することにより、客観的な評価ができるようになります。

分野別Solution

Top of This Page