流動式比表面積自動測定装置
FlowSorb III

製品概要

流動式比表面積自動測定装置 FlowSorb III

この商品は、株式会社島津製作所の取扱商品です。
島津製作所へのリンク

FlowSorb IIIは、吸着性ガスおよび不活性ガスの混合気体を大気圧下の試料へ連続的に流すガス流動法によって比表面積を測定します。

FlowSorb III 2305/2310は、一点法および多点法 BET 比表面積測定が可能で、高速で精度および信頼性のあるデータを提供します。表面積0.01m2/gから1,000m2/g以上の試料ならば簡単に測定可能です。FlowSorb IIIの再現性は、0.5%以上となります。

・ガス吸着測定装置(物理吸着 - 比表面積)カタログ

FlowSorb IIIの機能

  • 卓越した安定性の検出器によってドリフトの問題を解消し、再調整を頻繁に行なう必要がなくなりました。
  • 従来の装置と異なりコールド・トラップは側面ではなく前面に配置されています。前面に配置することによって側面配置と比べ破損の可能性が低減されました。
  • 一点注入キャリブレーションでは、1つの設定のみで十分です。どのような非腐食性の吸着混合物でもご使用になれます。
  • コントロールパネルやディスプレイは全て目や腕の高さにあり流出事故のおそれがありません。
  • 内蔵型の試料調製が可能です。
  • FlowSorb III 2310は、内蔵型デュワー瓶のエレベータ機能を備え完全に自動化された分析を可能にしました。さらに暖房ファンを内蔵し、試料チューブを迅速に温め試料分析の速度を向上しました。また再現性の高い結果に起こりやすい温度が原因のドリフトの問題を解決しました。
  • 一点注入キャリブレーションによって迅速な測定の開始と高い試料スループットが可能となりました。
  • FlowSorb III 2305は内蔵型のデュワー瓶を担持するラッチ・システムを装備し、片手での操作も可能でかつ液体窒素の漏洩に対しても安全です。
  • 大きな試料用のモノリス型のチューブをはじめ、5種類の異なる試料チューブがご利用になれます。
付属品に関する参考文献
無料物理吸着データ分析ソフトウェア

ガス吸着装置ラインナップ

Top of This Page